会社情報

ごあいさつ


当社は、東京急行電鉄株式会社を中核とする東急グループに属しております。
東急グループは、「美しい時代へ」のスローガンのもと、洗練され、質が高く、健康的で、人の心を打つ「美しい生活環境の創造」を自らの事業目的とし、その実現に向けて取り組んでおります。当社は、東急グループ事業の中でも「生活サービス事業」を推進するグループの一員として、多彩な生活サービスの提供を通じて一人ひとりのライフスタイルにより添い、暮らしに潤いと豊かさをお届けする事業活動を展開しております。
ながの東急百貨店グループは、長野駅前に立地する当社と長野吉田地区を中心に事業展開する子会社株式会社北長野ショッピングセンターで構成され、地域の皆さまの生活に寄り添う企業グループとして、ご愛顧をいただいております。
現在の国内経済におきましては、一服しておりましたインバウンドが持ち直し、また、雇用情勢の改善を背景に個人消費に回復の動きが見られるなど、大都市を中心に堅調に推移いたしましたが、地方百貨店におきましては、地方経済の不振や中間層消費の弱さから、厳しい状況を脱するには至りませんでした。このような環境におきまして、当社グループは幅広いニーズに応えられる百貨店として、お客様に「もっと便利で、もっと訪れていただける」店舗作りを基本とした経営を進めております。
具体的には、新規商品の導入などの細やかな施策を随時実施するとともに、新しいモノやコトの提案、お客さまの求める情報のわかりやすい発信、洗練されたサービスの徹底を行うなど、お客さま視点に立った施策を積極的に実践しております。そして、全従業員が前向きに、明るく、プラス思考で取り組み、働きがいがある職場であり続けることも企業経営には不可欠と認識しており、さらに、企業の社会的責任を全うするため、コンプライアンス経営の徹底、環境経営の充実、地域への貢献などを推進しております。
当社は、今後も引き続き地域のお客さまから愛され、家族3世代が集う長野における唯一の百貨店として、これまで以上にお客さまと真摯に向き合い、お客さまにとってなくてはならない「ながの東急百貨店」の実現に努めてまいる所存でございます。
引き続きご支援を賜りますようお願い申しあげます。

代表取締役社長
小笠原弘

会社概要


商号 株式会社 ながの東急百貨店
会社設立 昭和33年11月10日(1958年)
事業内容 百貨店業
代表者名 代表取締役社長 小笠原弘
資本金 2,368百万円(2018年1月31日現在)
株式会社東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)上場
発行済株式数 964,521株(2018年8月1日現在)
決算期 1月
本店所在地 長野県長野市南千歳一丁目1番地1
電話番号 026-226-8181
従業員数 276名
男:123名、女:153名(2018年1月31日現在)
平均年齢 42.7歳
売上高 16,175百万円(2018年1月31日現在)
関連事業所 株式会社東急百貨店 東京急行電鉄株式会社 株式会社北長野ショッピングセンター(東急ライフ) ほか、東急グループ各社
主要株主 株式会社東急百貨店、ホクト株式会社、 株式会社三井住友銀行、株式会社八十二銀行、株式会社長野銀行、 信越放送株式会社

沿革


昭和33年 11月 長野県長野市に株式会社丸善銀座屋として創業。
昭和36年 2月 株式会社丸善銀座屋は、株式会社ながの丸善に商号変更。
昭和41年 11月 長野駅前に新店舗を建設、移転。
昭和41年 12月 株式会社東横(現 株式会社東急百貨店)と業務提携。
昭和45年 9月 株式会社ながの丸善は、株式会社ながの東急百貨店に商号変更。
昭和50年 11月 長野店増床リニューアル。
昭和58年 11月 長野県小諸市に小諸店開店。
昭和61年 11月 長野店新館シェルシェ新築、本館増床リニューアル。
平成 2年 1月 株式会社ながの東急ライフ営業開始。
平成 3年 8月 店頭登録銘柄として(社)日本証券業協会に登録。
平成12年 1月 株式会社ながの東急ライフ解散。株式会社北長野ショッピングセンター営業開始。
平成14年 4月 小諸店閉店。
平成16年 12月 株式会社ジャスダック証券取引所へ株式上場。
平成22年 4月 株式会社大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)上場
平成25年 7月 株式会社東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)上場